子どもとの過ごし方

新しい生活様式|子供を退屈させない過ごし方|三密回避

更新日:

こんにちは、3歳男児ママのGUUです。

疑問を持った女性

コロナ感染を防止しつつ子供を退屈させない過ごし方は…?
新しい生活様式に合った遊び方は?


こんな悩みを解決できる記事を書きました。
今日の過ごし方のヒントが見つかると嬉しいです。

注意点

政府や専門家による見解ではありません。
感染症の流行状況や体調などを考慮してご判断をお願いいたします。


天気が悪いとき

粘土遊び

普段はなかなか作れないような大作を生み出しましょう。キッチンの整理がてら、お豆腐のカラ、使い捨てのフォーク、ストローなどを粘土グッズとして提供すると、創作の幅が広がります。
我が家では、ママが粘土で人参や空豆などを作って子供に納品し、子供がおままごと用の包丁で切って料理を作る流れが定番です。
細長い粘土のパーツを沢山作って容器に入れ、粘土ラーメンを作るのもおすすめです。

工作

自宅にあるものを使って、季節にちなんだ工作をしてみるのはいかがでしょうか。
厚紙や段ボールや紙袋に穴を開けてお面を作ったり、紙コップを装飾してから糸電話を作って遊ぶのもオススメです。

ジオラマ作り

床にマットやレジャーシートなどを敷いて、ジオラマを作ってみましょう。
マスキングテープで線路を作ったり、雑誌などを切り取って街の風景を作ったり、紙で手作りした草花を置いてみたり。
完成したら記念撮影をお忘れなく!

お店屋さんごっこ

適当な紙に野菜や果物などの絵を描いて切り取れば、即席で商品の出来上がり!
厚めの紙を丸く切り取ってアルミホイルを巻いたら硬貨、細長く切ったら紙幣、長方形に切ったらポイントカードも出来上がります。
使っていない財布やカードケースなどはありませんか?そこに即席のお金やポイントカードを入れたら、お店屋さんごっこの始まりです。
不要なビニール袋を使えば、商品を袋詰めできてリアリティがアップします。

お料理体験

子供の年齢に合わせて、お料理のお手伝いをしてもらうのもおすすめです。
下記のような作業をお願いしてみるのはいかがでしょうか。
・ゆで卵のカラ剥き
・レタスを千切る
・ミニトマトのヘタをとる
・人参の皮をピーラーでむく
・じゃがいもの泥を洗う
・電子レンジの時間をセットする

自宅にある場合は、一緒にフルーチェを作るのも楽しいですよ!

栽培体験

人参の葉や豆苗の根など食べた後に栽培できる野菜を買ってきて、一緒に水に浸したり成長を観察してみるのもオススメです。
命の大切さを学ぶことができ、野菜嫌いを克服できるかも…?

絵本イッキ読み

最近めっきり読んでいない絵本、あるのではないでしょうか。
この機会に、今までに買った絵本を順に読み聞かせながら、それらの絵本を読んでいた頃の様子や思い出を語ってあげましょう。
子供は親の愛情を感じ、親は新鮮な気持ちを思い出し、親子で優しい気持ちになれると思います。

オーボール遊び

オーボールがあるご家庭は多いのではないでしょうか。
我が家では、オーボールなら家の中でも投げてOK(ただし優しく投げること、物や人に向かって投げるのはNG)というルールにしています。
下記のような遊び方なら、家の中でも新鮮に楽しめます。
・廊下などの細長いスペースで優しく「キャッチボール」
・空のペットボトルを並べて「ボウリングごっこ」
・手で作った輪の中を狙ってボールを入れる「玉入れごっこ」

風船遊び

自宅に風船がある方は、以下のような遊びもオススメです。
・地面に風船がつかないようポンポンと投げる
・膨らませた風船の口を縛らずにピューと飛ばす
・小さめに膨らませた風船を胸に入れて「巨乳ごっこ」

大掃除

お手伝いができる年齢の子供なら、一緒に大掃除するのにも良い機会です。
雑巾やコロコロクリーナーや新聞紙などを与えて、床担当・窓拭き担当などの役割を任命すると、楽しんでお手伝いしてくれるかもしれません。
子供は飽きるのが早いので、アイテムは小出しにしましょう。
親は大掛かりな掃除ではなく細切れでできる掃除に留めておけば、子供が全てのアイテムに飽きてしまった時でもイライラせず他の遊びに移行しやすいです。

天気が良いとき

お散歩

普段は通らない道を選びながら、ゆっくりお散歩はいかがでしょうか。
新しい発見があるかもしれません。
歩きながら「雲の形」「風のにおい」「道端の植物」などを一緒に感じると、子供の想像力を刺激してあげられますよ。
普段忙しくしているパパ・ママも、きっと癒されるはずです。

寺社めぐり

普段はなかなか立ち寄らない寺社をゆっくりお散歩してみるのはいかがでしょうか。
寺社にある立て札を読んでみたり、建物の色や形をじっくり観察してみると、知的好奇心が刺激されます。
この機会に、参拝の作法を子供に教えて実践してみるのもおすすめです。

広めの公園

三密を回避できるような広めの公園で、走り回ったり、シートに寝転んだり、お弁当を食べたりして過ごすのはいかがでしょうか。
公園にある植物や、そこに集まる虫を観察してみるのも案外楽しいです。

電車を眺める

近所を電車が走っているという方は、踏切や陸橋などからゆっくり電車を眺めてみるのはいかがでしょうか。
車両ごとの混雑具合や、行先、運転間隔などを一緒に予想してみるのもおすすめです。身を乗り出したりしないよう、注意してくださいね。

歩道橋から車を眺める

普段車を上から見ることってなかなかないので新鮮です。
「白い車」「トラック」「右折する車」などのお題を決めて台数を数えたり当てっこするゲームも楽しいですよ。
身を乗り出したりしないよう、注意してくださいね。


いかがでしたか。
三密を回避しながら、親子で楽しく過ごせる方法をご紹介しました。
今日の過ごし方のヒントが見つかると嬉しいです。

-子どもとの過ごし方
-, , ,

Copyright© GUUNOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.