おうちあそび 子育てハック

3歳が一人遊びにハマるおもちゃは?イマイチだったものも紹介!

更新日:

3歳児が一人遊びにハマるおもちゃ

室内遊びの機会が多くなっている今日この頃。

子供と一緒に遊ぶ時間ももちろん大切ですが、一人遊びにハマってくれるおもちゃがあると親は息抜きができますよね。

本日は、うちの3歳男子がハマったおもちゃとイマイチだったおもちゃをランキング形式でご紹介します。
年齢が近いお子さんとの過ごし方の参考にしていただけると嬉しいです。


3歳が一人遊びにハマるおもちゃBEST3

それでは早速発表していきます!

1位 コロコロできるおおきなブロック

コロコロできるおおきなブロックの作品

1歳半頃に買って、2年経った今でも大活躍しているのがこちらです。
ブロックひとつひとつが大きいため、子供でも一人でストレスなく組み立てられます。
ブロックを高く積み上げたり、車輪パーツでトラックを作ったり、ボールを転がすコースを作ったりと遊びの幅が広く、飽きずに長く使えるのが嬉しいポイント。
収納ボックスが付属しているので、お片付けも促しやすいです。
我が家では「ママやって」と言われる確率が一番低いスター選手です!

2位 お米のねんど

米粉粘土の作品

こちらも1年近く活躍している優秀選手です。

ゼリーやヨーグルトの空き容器、アイスの棒、竹串、ストローなどを取っておいて粘土用に提供してあげると、想像力を膨らませて創作してくれます。
飽きてきそうな時はすかさずお客さんになり切って「今日のオススメのお団子は何ですか?」など声をかけると、喜んで商品を作ってくれるはず!

粘土は散らかると敬遠しがちですが、米粉粘土はしっとりとした手触りでベタつかず、手や部屋が汚れづらいので抵抗感が少ないですよ!
しかも、硬くなってきても水ですぐに復活させられます。他の粘土と比べて色が綺麗で、混色を学べるのも高ポイントです。

3位 くみくみスロープ たっぷり100

くみくみスロープの作品

ピタゴラスイッチのように、様々なパーツを組み合わせてスロープを作るおもちゃです。さすが公文の商品、知育力がすごく高いのです。

1位・2位と比べ、3歳が一人遊びするには少し高難易度ですが、うまく気分を乗せつつ多少アドバイスしつつスロープを仕上げたらこっちのもの!
大はしゃぎでボールを転がして遊んでくれますよ。
もう少し年齢が上がると、一人で試行錯誤しながら熱中してくれると思います。

欠点はやはり少し難易度が高いことと、ボールがとにかく行方不明になることです。誤飲の可能性がある月齢のお子さんがいる家庭にはオススメしません。


3歳が一人遊びしなかったおもちゃBEST3

1位 キックスクーター

外出自粛で退屈すぎて外遊び用のキックスクーターを丁寧に拭いて自宅用にしましたが、、浅はかでした。
我が家は豪邸ではないので、狭すぎて自由に乗り回せず「外に行きたい」と言われて終了。いろいろなものに激突して部屋を荒らすだけ荒らし、すぐに飽きてしまいました。。

2位 キーボード

演奏用のキーボードを引っ張り出してみましたが、まだまだ一人で演奏するには早かったです。一通り押してみるだけですぐに飽きてしまいました。
「ママこの曲弾いて」とリクエストするわりに他の遊びを開始し、どちらが一人遊びをしているのかよく分からない状況に。。笑

3位 マグネットブロック

マグネットを立体的に組み立てるおもちゃです。
両手で押さえながら組み立てないと思わぬところが勝手にくっついてしまうのが厄介で、「ママ押さえてて」「できない」となる頻度が高いです。
立体的に組み立てる代わりに、ホワイトボードや冷蔵庫にくっつけて平面で遊ぶのであれば比較的一人遊びに向いています。


まとめ

3歳男子が一人遊びにハマったおもちゃとイマイチだったおもちゃをランキング形式でご紹介しました。
お子さんのタイプによっても好みが異なると思いますが、おもちゃ選びの参考にしていただけると嬉しいです。

-おうちあそび, 子育てハック

Copyright© GUUNOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.